Fuji Kindergarten
ホーム 新着情報 園長のことば 教育内容 保育概要 年間行事 園の施設 入園案内 幼稚園だより お問合せ
[ホーム] > [園長のことば] > [不二幼稚園教育方針]

「子どもの夢を育み願いを実現する明るくのびのび楽しい不二幼稚園」を目指して

不二幼稚園の教育構想図


不二幼稚園教育構想図

sepatator


はじめに
    高度情報化、国際化、少子高齢化、経済構造の変化など我が国の社会変化は一層激しくなると予想される今世紀を、子ども達は心豊かに逞しく生きていかなければならない。特に、世界的な経済不況の中、 人間としていかに生きるべきか、私共教育者の果たすべき役割は大きい。人と人の関わり、思いやりの心を育むなど心の教育を中核に据え、子ども達一人一人の個性を生かし自ら学ぶ意欲を持ち社会の変化に主体的に対応し、自ら考え判断し行動できるために必要な資質や能力(七つの力など)を付けることが、私達教師の大きな課題である。

不二幼稚園の教育目標(こんな子どもを育てたい!)
私達が求めている望ましい幼児像は、不二幼稚園の教育目標である。
(1)元気な子
(体・意)  体力・耐力・活力・気力・健康
(2)楽しく勉強する子
(知)      智恵・創造力・思考力・判断力・表現力
(3)なかよく遊ぶ子
(情)      寛恕・協調力・自己抑制力

  端的に言えば、強く、賢く、優しく、元気な子を求めているのである。ベースになるのは、健康・元気な子である。
その中核になるのが、 孔子が言う「己の欲せざる事、人に施す事なかれ」(自分がして欲しくないことは、人にしてはいけない)ひと言で言えば”寛恕”である。即ち「思いやりの心」を育む事である。 相手の気持ちを考えて行動したり、違いを理解して認める思いやりの心を育むことが、すべての教育活動の中心課題である。それを子どもサイドで言えば、 本園創立者 田中不二枝先生の教育理念である『なかよし』である。この教育目標の具現化を目指してすべての教育保育活動を展開していく。
arrow本年度の方針のページへ続く top