Fuji Kindergarten
ホーム 新着情報 園長のことば 教育内容 保育概要 年間行事 園の施設 入園案内 幼稚園だより お問合せ
[ホーム] > [園長のことば] > [不二幼稚園教育方針]  > [本年度の方針]

こんな幼稚園にしたい!
  ◎基本姿勢 [若木の根っこを太く逞しく育てる!]
    私達は「心身共に著しく成長する園児は、大地に根をおろし太陽に向かって伸び始めたばかりの若木である。
人間としての根っこを太く逞しく育てることである。」を基本姿勢としてとらえている。
    根っこを太く逞しくするためには、文部科学省が示した幼稚園教育要領の5つの領域(健康、人間関係、環境、 言葉、表現)を総合的、系統的に具現化し、見る・聞く・触れる・嗅ぐ・舐める・試すなどして、遊びを中心に
体全体を使って多様な経験体験をさせることが大切であり、その場(環境)の設定が重要である。

  そのための基本ベースは、子ども達が、幼稚園に来て良かった、自分の仲間がいる、自分の役割があり、
みんなや先生に 認められている、勉強が分かって楽しい、折り紙やお絵かきなどの活動がおもしろい、友達と遊ぶことができて楽しい等々「所属感、存在感、 充実感の三感のある楽しい幼稚園」「心のオアシスとなる安心感の持てる支持的幼稚園・支持的学年学級風土」をつくることが大切である。

子ども達につけたい力
  ◎素直で伸び伸びしている・明るく元気で活力がある・挨拶がよくできる・友達となかよく遊ぶ事ができる等々。
このような良さを 更に伸ばしていき以下の7つの力を繰り返し繰り返し指導し定着させていきたい。

本年度も特に身につけさせたい力
@
挨拶する力  *不二幼稚園の園児の善さであり一層のばしたい!
”明るく挨拶おはようございます!”  場に応じた挨拶がしっかりできるようにしたい。  お客様にもしっかり挨拶できるようにしたい。
 * 挨拶は、人と人との関わりを持つ、社会性を育てるうえで大切な事です。

A
がまんする力  (耐える力(耐力)・自己抑制力)
儀式等でおしゃべりをしないで、じっと立っていたり、座っていられる子にしたい。  つらい・くるしい・かなしい
・こわい・むずかしい・ いやだ・つかれたなど困難を乗り越えた時に我慢する力が付く。
本年度も1番の力点にしたい。

B
話を聞く力
人の話を集中して聞く力をつけたい。  相手の目を見て話をしっかり聞く。  Aと関連している大切な課題
である。  朝礼・誕生会・ 各学級での朝の会・お帰りの会等の場で個々の指導が大切。
後で注意するのでなく、その場に行って注意すること。

C
誰とでもなかよく遊べる力  *寛恕・思いやりの心「なかよし」を合い言葉にして指導する。
自由遊び・友達との物づくり・ゲームなどで指導。  遊びの適時性・・・子ども時代の遊びをしっかりさせる。
遊びの教育力

D
感性を高める  *心を揺さぶる感動体験を!
美しいものを美しいと感じる力・感動する心を培いたい。  本物を見せ、体を通した活動・体験を多くさせる。
紙芝居・読み聞かせ・ビデオ等を 積極的に。  ”感覚は遊び(経験)を繰り返して始めて定着化する。
感性はそこから芽生え磨き育てられる。”

E
後始末をする力
遊んだ後は片付ける・整理整頓・物を大切にする力をつけたい。  履物はきれいに揃える。  使った物は元に戻す。  次に使う人に対する思いやりの 心が根底にある。  ”思いやる心で整理整頓後始末”

F
感謝する力
お世話になったとき「ありがとうございました。」の言葉が言える。  ”笑顔で感謝ありがとう!”

arrow前ページへ top